筋力トレーニングを続けて15年、現在スポーツクラブで働く30代の男がいろいろな角度から筋トレやスポーツについての楽しさ、素晴らしさを書いています。筋トレで身体を変えたい方を応援するブログです。

春から始めたい自宅で可能なダンベル筋力トレーニング

2018/09/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
イガタク
筋トレをこよなく愛してやまないパーソナルトレーナーのイガタクです。 筋トレに励んでいる人達へ少しでも役立つ情報を発信していきたいと思い当ブログを運営しています。

 

自分の身体が貧相だと思い、この春から思い切って肉体改造をしようかなと思い立った方もいるかもしれません。

何かを新しく始めるのに春はいい季節ですよね。

 

ですが学生のときに運動部に所属しており筋トレに慣れているようならまだしも、

まったく筋トレをかじったことがない方は何から始めていいのかわからないものですよね?

 

大丈夫です、このページで筋トレ初心者の方がどうやったら筋肉をつけられるのかを解説していきたいと思いますね。

<スポーツクラブやジムに通わなければ筋肉をつけることはできないのか?>

 

大きなスポーツクラブやジムに入会しなければ肉体改造はできないと思っていませんか??

実はそんなことはありません。自宅でも筋肉をつけることは十分可能なんですね。

 

自宅での筋トレのメリットは3つあります。

 

【1つ目のメリット】

まず筋肉が大きくなる条件というのは、今まで味わったことのない強い刺激が筋肉に入ることで

 

「今よりも筋肉を強く、もっと大きくしなければいけない!!!」

 

と身体に思わせる事ができればいいのです。

そうすると脳にスイッチが入って筋肉を大きくする司令が出されるのです。

 

確かにジムには大きな筋トレマシンがたくさんあり、ウエイト(負荷)も大きく設定することができます。

 

しかし初心者にそこまでの負荷は必要がありません。

 

ここ1ヶ月で筋トレを始めましたという方が、いきなりベンチプレス100キロなんてまず扱えません(笑)

 

なので自宅でも筋トレ初心者でしたら十分な刺激を筋肉に与え、筋肉をつけていく事ができます。これが1つ目のメリット。

 

【2つ目のメリット】

自宅での狭いスペースでもトレーニングが可能です。

 

筋力トレーニングというのは基本的に畳が2畳分くらいのスペースがあればできてしまいます。

自由に自分のペースで順番待ちもなく筋力トレーニングができてしまいます。

 

最高じゃあないですか!!!

 

初心者は慣れない筋トレ、そして慣れないスポーツクラブだとよけいに疲労します。というか集中しづらいです。

 

トレーニングフォームなどに慣れてからジムやスポーツクラブに行くのでも遅くはないでしょう。

 

【3つ目のメリット】

他人の目が気にならないということです。

 

あまりにも貧相な身体つきだったり、肥満体型だとそれだけで自分の身体に自信が持てなかったりします。

 

自宅でのトレーニングならばそれらを心配することも無く筋トレのことだけに集中できます。

 

さらにはウェアを流行りのもので揃えなくてもいいです。

 

スポーツクラブに行けばある程度流行りのウエアで行かないとダサいという印象を持たれてしまいます。

 

しかし自宅でのトレーニングならば上半身裸でやっても誰にも迷惑はかかりません。

 

気にせずに鏡の前でボディチェックを行いましょう。

 

<自宅でも実践可能なダンベルトレーニング>

 

では次に筋トレの方法です。筋力トレーニングには色々なやり方があるのですが、

 

ここではダンベルトレーニングを紹介します。

 

ダンベルは難しいイメージを持つ方もいるかもしれません。

 

しかし実はダンベルは簡単に筋力トレーニングができるアイテムです。

 

腕立て伏せ(プッシュアップ)といった自体重を用いたトレーニングは以外にフォームが難しいものもあります。

 

ダンベルトレーニングはフォームがシンプルな物が多いです。

 

しかも自重トレーニングよりもバリエーションが豊富なため、

たくさんの部位をトレーニングすることが可能なんですね。

 

ダンベルというのはマシンよりも軌道が不安定なため、

狙った筋肉以外の関節近くのインナーマッスルもフォームを維持するために動員されます。

 

なのでより総合的に筋力を上げる効果があります。

 

また保管場所にも広いスペースは必要ありません。

 

マシンを自宅に入れるとなるとそれだけで一部屋を使わなければいけませんが、

ダンベルではそんな事はありません。

 

部屋の片隅に置いておけるので邪魔になることは少ないでしょう。

 

<ダンベル選びのポイント>

 

 

ではどんなダンベルを選んだら良いのでしょう?

 

ダンベルは色々な種類がありますが、可変式の物をおすすめします。

 

可変式とはプレートの付け替えをする事によって、ダンベルの重量を変えることができる物を言います。

 

重量が固定のダンベルというのは、その重さが楽にあげられるようになってしまうともう使えません。

 

また新しくダンベルを買っていかなくてはならずに場所とコストが必要になってしまいます。

 

しかし可変式であればダンベルの重量を変えられるので、

筋肉の発達や種目によって負荷を変えることができて便利です。

 

しかしできる筋トレの種類が増えてくると、

重りを付け替える作業すら面倒くさくなってきます。

 

そんなときに少し高価なのですがワンタッチで重量が変化でき、よりスピーディーに重量を変えることが出来るダンベルもあります。

 

資金に余裕があるようならこちらを更におすすめします。

 

→実際にダンベルで行える筋力トレーニングメニューはこちら。

 

<これから始めるダンベルトレーニングまとめ>

・筋トレ初心者は自宅で行うトレーニングでも十分筋肉をつけることは可能

・ダンベルのトレーニングならトレーニング種目のバリエーションが豊富で、多くの部位を鍛えることが可能

・ダンベルは重量の可変式が便利。ワンタッチで重量変更ができるものであれば、さらなる時間短縮が可能

 

 

The following two tabs change content below.
イガタク

イガタク

筋トレをこよなく愛してやまないパーソナルトレーナーのイガタクです。 筋トレに励んでいる人達へ少しでも役立つ情報を発信していきたいと思い当ブログを運営しています。
この記事を書いている人 - WRITER -
イガタク
筋トレをこよなく愛してやまないパーソナルトレーナーのイガタクです。 筋トレに励んでいる人達へ少しでも役立つ情報を発信していきたいと思い当ブログを運営しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください